【発注見通し】中津市、日出町7月公表分を追加しました。(11:57更新)

ログインID

パスワード



キーワード
公開日   ~     開始日をコピー   クリア
2020/07/10

豪雨災害

梅雨末期の豪雨は、ここまで降るものなのか。雨は、週末まで続くらしい。今回の豪雨で被害の出た玖珠と九重の2町、由布と日田の2市へ足を運んだ。弊紙は、今までも熊本地震や九...  
2020/07/09

賞与

西欧のジョークだ。「欧米のベストセラーは聖書、イスラム諸国だとコーラン、日本は漫画」。辛口のオチがつく。どれも現実からかけ離れたファンタジーである、と。日本人の漫画好...  
2020/07/08

恐るべし線状降水帯

先日まで、近所の庭先で元気に咲いていたアジサイの勢いが急降下、代わりにヒマワリが咲き始め、梅雨の終わりを知らせている。3日から発達した梅雨前線が北上し、九州北部まで被...  
2020/07/07

命を守るもの

「4冠馬ならぬ『4冠機』になった」。印象的な言葉だった。スーパーコンピューター「富岳」を開発した理化学研究所(理研)の松本紘理事長は、同機が史上初の4部門で世界1位と...  
2020/07/06

七夕

7月になった。7日はよく知られている「七夕」である。七夕は、お隣り中国や韓国、台湾、ベトナムでも同様に行われている年行事。日本では、梅雨明けの時期の方が天候に恵まれ、...  
2020/07/03

投げ銭

「土俵にはカネが埋まっている」。そんな言葉を真に受けた新弟子が真夜中にそっと忍び込んで、土俵を掘ったという与太話がある。なんだか出来過ぎた感じもしなくもないが、元はと...  
2020/07/02

酒造会社の発展と酒道楽

いよいよ梅雨本番かな。例年7月になると集中豪雨が発生して大きな災害が起きる恐れがあるので厳重に注意していただきたい。話は変わって、これから夏本番がやってくるが、やはり...  
2020/07/01

アサヒカメラ

「アサヒカメラ」が今年の7月号をもって休刊する。写真とカメラの総合誌として大正15年(1926年)に創刊し、戦中戦後に休刊をはさんだが、通巻1125号までの刊行を続けた9...  
2020/06/30

山越え

「アイーン」。東京都東村山市の議場に、新型コロナウイルスで3月に70歳で亡くなった志村けんさんのギャグを唱和する声が広がった。このほど開かれた同市議会定例会で、地元出身...  
2020/06/29

ストレス

週末の休日は、よく別府や国東、西大分、中津の港で釣りをしている。いつもなら家族サービスで買い物に出かけるのだが、新型コロナウイルス騒ぎ以来、週末は釣りやキャンプ、ツー...  
2020/06/26

ドン

「永田町のドン」と呼ばれる実力者がいた。自民党幹事長、副総理を務めた金丸信である。「足して二で割る」が信条。対立する政策案すらも時に飲み込み、社会党など革新政党とも深...  
2020/06/25

夏至

梅雨に入ったが、気温30度超えの、すでに真夏と思えるほどの暑い日が続いている。時折り蝉の声さえ聞こえてくるほどだ。それもそのはず、暦の上では今年は6月21日に「夏至」を迎...  
2020/06/24

UFOの日

昨日はUFOの日だった。なんでも1947年の6月24日、アメリカで初めてUFOの目撃があったことを記念し、制定されたという。先日も、アメリカ国防総省がUFO映像を公開し...  
2020/06/23

はだ色

色鉛筆、クレヨンから「はだ色」が消えていた。遅ればせながらそのことを知ったのは、ほんの数年前のことだ。幼稚園に通う子どものいる後輩が教えてくれた。薄茶したあの色がなく...  
2020/06/22

372年振りの天体ショー

21日の夏至の日に、日本で日食が観測されるのは372年振りで、なんと江戸時代以来というからすごい。大分県内でも観測できたので、午後5時前後の約1時間、この天体ショーを楽...  
2020/06/20

正義の味方

じめじめとうっとうしい季節となった。何かと物憂げになりがちの中、どんよりした空模様をしばし忘れさせてくれるようなニュースであろう。舞台は国東市の市国見総合支所。施設内...  
2020/06/19

バス代行運転

日田彦山線は、北九州市の城野駅から日田市の夜明駅に至るJR九州の鉄道路線だが、添田駅~夜明駅間は2017年7月の九州北部豪雨により不通となっており、バス代行運転が行わ...  
2020/06/18

ちょっとした観光地の繁栄

1988年にアニメ映画で大ヒットした宮崎駿監督の「となりのトトロ」。先日、ふと思い立って「猫バス」で有名になった佐伯市宇目の「ととろ」バス停を訪ねた。以前は、約50㍍離...  
2020/06/17

目を覚ませ!

なかなかの〝剛の者〟なのかもしれない。JR日豊線亀川駅(別府市)の20代男性駅員のことである。宿直勤務していた6月7日朝、不覚にも寝坊してしまい少なくとも乗客9人が始発...  
2020/06/16

ステイホーム

新型コロナウイルスの感染拡大は、まだまだ予断を許さない状況が続いている。今後も一人一人の自覚行動が試されるなか、私の「ステイホーム」は、ユーチューブの視聴だ。これでキ...  




〒870-0954
大分県大分市下郡中央2丁目4番11号 株式会社 大分建設新聞社
電話番号:097-568-3113(代)  FAX番号:097-568-3880(代)
掲載の記事・写真など、すべての著作権は(株)大分建設新聞社に帰属します。無断転載を禁止します。
Copyright (c) 2014 Oita Kensetsu Shinbun All rights reserved.